無料保険相談 名古屋 愛知・岐阜・三重/保険見直しのためのサイト  保険、保険見直しの相談(無料)は今すぐこちらへ>>
保険相談連絡協議会〜名古屋 愛知・岐阜・三重の無料保険相談/保険見直し〜
HOME協議会とは?保険相談のスタンス無料保険相談よくある相談お客様の声Q&A

最近急増している相談事例 「年金保険、介護保険の検討」

少子高齢化の進展による、公的年金の給付価値が減少により、自らの手で一定の年金を作り上げておく必要があります。検討にあたっては、貯金は有限ということを頭に置きましょう。


年金保険の検討にあたって


少子高齢化の進展による、公的年金の給付価値が減少により、自らの手で一定の年金を作り上げておく必要があります。

検討にあたっては、貯金は有限ということを頭に置きましょう。
1,000万円のお金はいつまでも1,000万円ある訳ではありません。そこで、一生涯年金が受取れる終身年金が軸にあると安心です。

商品選択にあたっては、リスクの大小により様々な商品があります。自分の考え方、ライフプランにあった商品を選ぶことが大切。が、リスクと聞いて、すぐ拒絶するのは得策ではありません。お金を有効活用するためにはリスクと向かい合うことが大切です。

まずは、そのリスクがどのようなリスクかを確認してみましょう。確認し、受け入れられなければ、やめればよいのですから。


介護保険の検討にあたって


生命保険や医療保険は、死亡、入院という事実に対して給付金が支払われます。しかし、介護保険は、各商品により保険会社が定めた基準となります。そのため、支払基準がどの程度のものか?という点をしっかりと確認することが非常に大切です。

支払基準は、寝たきりが最低条件であるものもあれば公的介護保険の要介護2程度からと比較的緩やかなものもあります。また、公的介護保険と連動するものとそうでないものもありますので注意が必要です。

もちろん支払基準だけでなく、保険期間、保険料水準や掛捨型・積立型か等も確認し、総合的に判断しなければなりません

投稿者 on 2008年12月07日 09:44

HOMEよくある相談事例 > 最近急増している相談事例 「年金保険、介護保険の検討」

HOME協議会とは?保険相談のスタンス無料保険相談よくある相談お客様の声Q&A